ガラスが割れたとき

住まいで暮らしていると何らかの原因で窓ガラスが割れることもあるはずです。そういったときの対象方法を順番に見ておきましょう。

割れたガラスの対象方法

男の人

ケガをしないようにする

まず最初に、割れたガラスの破片が刺さったり、踏んだりしないように配慮しましょう。できることなら、軍手やスリッパなどを身に着けることをオススメします。

ガラス片を集める

次に、ガラスの破片を片付けていきます。大きなガラス破片は軍手を身に着けた手でなるべく回収し、小さい破片は掃除機やホウキで集めましょう。また、粘着テープを使用するのもありです。

まとめて後始末をする

最後に集めたガラスの破片をまとめて、新聞紙や紙袋などで包みます。その上でダンボールに入れておき、割れる物と表記しておきましょう。後は、回収業者に任せて終わりです。

窓ガラス交換・修理を依頼!住宅改善に役立つ情報をご紹介

割れたガラス

窓ガラスの重要性

住宅の断熱性、気密性に大きく関わっているのが、「窓ガラス」です。確かに、壁の断熱性も重要ですが、屋内から熱が逃げる原因に内窓の開け閉めが一つとして挙げられます。この内窓を含めた開口部の問題をフォローするには、窓ガラスの性能を向上させることが絶対的に必要であると言えます。

ガラス

専門業者へ依頼

東京ではガラス修理・交換に対応している専門業者も多く、沢山のご家庭から依頼されています。住宅の快適性を保ち、暮らしを豊かにしたいという場合には、ガラス修理や交換工事を依頼するといいでしょう。専門業者なら料金も比較的リーズナブルで、各ご家庭の環境に合わせた窓ガラスを手配してくれるはずです。

窓

依頼する際の注意点

窓ガラスの修理・交換を依頼する際には、業者を慎重に選びましょう。今では東京をはじめ、全国各地に専門業者が多数存在しています。中には専門資格を所有していない悪質業者もあります。安心してガラス修理・交換を依頼するためにも、ネットなどから専門業者の評判をリサーチしておきましょう。

ガラス交換に関する口コミ

室内

I.Bさんの場合

子供が窓ガラスを割ってしまい、ガラスの交換を依頼しました。業者の方には迅速に対応して頂き、誠に感謝しています。子供が二度と割らないように注意します。

R.Nさんの場合

こないだ、誤ってガラスを割ってしまい、交換する羽目になってしまいました。交換にかかる費用は高いと思ったのですが、意外と安く済んで良かったです。

D.Eさんの場合

台風の影響でガラスが割れてしまい、業者の方に依頼しました。ガラス交換にかかる時間も短く、スムーズに作業が終わったので、逆にビックリしました。

T.Hさんの場合

ガラス交換を依頼してビックリしたのが、ガラスの種類です。防犯ガラス、断熱ガラス、防音ガラスなどがあり、選ぶのに悩みました。結局のところ、防音ガラスを選びました!

K.Hさんの場合

和室の窓ガラスを交換するために、業者にお願いしました。新しい窓ガラスは強度も高く、割れる心配もありません。ですが、また何かあれば、依頼したいと思います。

広告募集中